生駒 芳子

ikoma
生駒 芳子
Yoshiko Ikoma
ファッションジャーナリスト ・ アートプロデューサー
公益財団法人三宅一生デザイン文化財団 理事
JFW(ジャパン・ファッション・ウィーク)コミティ
三重テラス クリエイティブ・ディレクター
伝統工芸プロジェクトWAO総合プロデューサー など

1957年生まれ
兵庫県出身

80年代半ばより、フリーランスのライター/エディターとして活動。
ファッション、アートに関する編集・執筆を行う。
VOGUE NIPPON、ELLE JAPONの副編集長を経て、2004年から2008年までマリ・クレール編集長を務める。

その後ファッション雑誌の編集長経験を生かして、ラグジュアリー・ファッションからアート、エコライフ、社会貢献まで広い視野でトピックを追い、発信するファッションジャーナリストとして活躍。

「エコ・リュクス」「エシカル・ファッション」「ファッションの21 世紀」などをテーマに、ラグジュアリーブランドのイベント、各大学な どで講演を重ねる。ファッションブランドのアートプロジェクトに関わ り、展覧会プロデュース、アートグッズの開発も多く手がける。
2010年9月21日~23日、東京ビッグサイトで開催するオーガニックEXPOでは、「ナチュラル&エコプラザ」ファッションとビューティのセ クションに関わる。カフェグローブで「ブティック・クルーズ・ダイア リー」、雑誌「オルタナ」で「エシカル・ファッションの旗手たち」を連載中。

カテゴリー: teacher

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>