VOICE

VOICE
VOICE
|
|
|
幅広いフィールドで活躍する卒業生
同じベクトルを向いて切磋琢磨し合って学んだ卒業生たち。幅広い分野で活躍する講師陣による授業、コミュニケーションのプロが集う企業でのインターン、幅広い年齢層と様々なバックグラウンドを持つ仲間たち、たくさんの人たちと触れ合い豊富な経験を積んできた卒業生たちはM.I.C(旧エファップ・ジャポン)で何を学び、何を感じてきたのでしょうか。 そして今、この経験をどのように役立てているのでしょうか。
|
|
|
「常識的」であること
nishigaki
トゥッティ フルッティ代表 ※元・スターバックスコーヒージャパン 株式会社
マーケティング本部 広報部
第1期卒業生
西垣 友裕
「常識的な人間であれ」。伊藤学長を始め、多くの方々がよく揃って口にされる言葉です。 「ブランドにとってふさわしい人間であること」や「コミュニケーションする相手を忘れないこと」は、PRに携わる上での常識のひとつとして心がけていることの一つです。 また、常に敏感に情報収集し、それを内部にインプットできる外からの視点を持ち合わせること、またキャリアを重ねるごとに忘れがちな一人の人間としての感覚を持ち続けることも大切でしょう。 しかし、よくも悪くもマーケティングやPRには、何をやればうまくいくとか成功するといった正解や答えはありません。自分の立場を理解して、どうあるべきかを考えて行動していくことが、PRやマーケティングにとっての常識と言うことができるのかもしれません。
|
|
|
アタッシェ・ドゥ・プレス以外の職業にも
ariga
株式会社 INFASパブリケーションズ
WWDジャパン編集部 編集制作
第2期卒業生
有門 奈々
文章力や企画力が要求される編集の仕事は“モノ作り”という印象が強いですが、それと同じくらいコミュニケーション力やマーケティング力が重要だと痛感しています。業務の基本であるインタビューや取材ではニュースやトレンドを追うだけでなく、コミュニケーションを通してデザイナーやブランド側のメッセージを的確にそして多面的に引き出すよう努力しています。また企画を考える際は、漠然とおもしろいモノを作ろうとするのではなく、常に媒体のポジショニングやブランディングという視点を加算。「誰に向けてどう伝えていくのか」を強く意識してしまうのは、エファップ出身というバッググラウンドだからかもしれません(笑)。編集の仕事もそうですが、エファップで学んだことはアタッシェ・ドゥ・プレスという職だけでなく、どんな職業にも生かせると思います。
|
|
|
エファップで出会った人は私の財産です
endo
株式会社 主婦と生活社
レオン編集部 編集者
第3期卒業生
遠藤 加奈
エファップに入学して今、一番自分にとって役に立っていると感じることは、「横のつながり」だと思います。私は、アタッシェ・ド・プレスにではなく編集者になったので、特にそう感じるのかもしれません。急な貸し出し依頼や、情報がなくて困ったときに助けてくれるのはいつもエファップでともに学んだ仲間なんです。急に何も知らない業界に入ったにも関わらず、取引先に多くの知り合いがいるのはとても支えになりました。また、編集者として仕事がしやすいPRの方は、迅速な対応をしてくれる方です。毎月締切りに追われ、一日もロスできなかったりするので、早い対応をしていただけるととっても助かるんです。私はエファップに行ったことで様々な人と出会い、色々な角度から物事を見られるようになりました。エファップで出会った人や学んだ事は、私の財産です!
|
|
|
エファップで学んだコミュニケーション
kakinari
第4期卒業生
柿成 裕子
私は現在株式会社三陽商会BURBERRY宣伝事業部にてアタッシェ・ドゥ・プレスの業務に従事しています。如何にお客様に自社商品の魅力を伝えていけるかを考えながら日々の業務に取り組んでいます。そんな毎日の中で感じること。それはエファップ・ジャポンで学んだコミュニケーションの大切さです。仕事を進めるにあたって外部の方々だけでなく、社内関係者との密な連携無しには業務は上手くまわりません。そんな時にスタージュやアトリエで学んだ相手の気持ちにたって考えるという精神を思い出し、自己満足な活動に終らせない様細やかなコミュニケーションをとることを心掛けています。今後ますますアタッシェ・ドゥ・プレスの活躍が期待される中エファップ・ジャポンで学んだコミュニケーション能力が私にとってかけがえのない財産となりました。
|
|
|
最前線で経験を積むことができるインターンシップ
shimizu
公益財団法人しまね産業振興財団
技術支援課 主事
第4期卒業生
清水 陽介
ファッション雑誌の編集者になるために必要なコミュニケーション能力や業界の専門知識を身につけたいと考え、エファップに入学しました。エファップでは広報やマーケティングのスキルを徹底的に叩き込まれ、様々な業界の方々から最前線のノウハウを学ぶことができました。特に印象深く覚えているのは、インターンシップでお世話になった某出版社での出来事。単なる「お客さん」としてではなく、実際にスタッフの一員として最前線で経験を積む事が出来るのはエファップの大きな強みだと思います。卒業後は自動車雑誌の編集者を経た後、地元の島根県の外郭団体で地域の産業振興のために働いています。そこで、エファップで磨いた広報力が非常に大きな武器となっています。東京の最新スキルと地元の魅力を融合して、独自の「しまね流」を作り上げるのが今の目標です。
|
|
|
夜間部学生の声
夜間部受講生のバックグランドは様々。違う業界の受講生の意見や考えを自分自身に取り入れながら、M.I.Cの夜間部の講義を通じて何を感じ、何を得たのか、修了生にコメントをいただきました。
|
|
|
PR パーソンとしての立場で意見ができる自信
fb7dc70d73dc8981f7aba392115ea79b-180x229
株式会社OKUTA
2011年度10月期/2012年度4月期修了
玉井 多映子さん
全くの未経験から広報課になり、ようやく必要最低限の業務を身に着けた1年目。更なるスキルアップをしたいと思い、エファップ・ジャポン夜間部への入学を決めました。
10月期の受講が終わり、2か月が経った頃、社長から直接「動きが変わった」と声をかけられる機会がありました。エファップ・ジャポンでの実践的な講義によって、確実に見える世界が変わった自分がいます。
何よりも、「社内で一番のPRパーソンであれ」という気概を持って仕事に取り組めるようになったことや、素人という引け目を感じずに、PRパーソンとしての立場で意見ができる自信を得られたことは、エファップ・ジャポンのおかげであると感謝しています。
|
|
|
刺激ある時間と、素敵な仲間と出逢う場所
hikiwaku
2009年度10月期/2010年度1月期 修了
弓桁 紀彦さん
もう終わりなの!?という感じで、時間が早く過ぎていった日々でした。1回の講義が約2時間、その中でグループワークを行ったり、プレゼンをしたりと・・・とにかく時間が少ないと思う事ばかりでした。その中で、いかにコミュニケーションをはかって進めて行くことが大切かを、改めて学ぶことが出来ました。講師の皆さんは、第一線で活躍中の方々で、実例を基に講義を進行して頂いた為、魅力ある内容と参考になる事柄が大変に多かったです。エファップ・ジャポンで過ごした日々は、自分にとって刺激ある時間と、素敵な仲間と出逢う場所になりました。

|
|
|
講師・就職先企業の声
実際にM.I.Cで講師を務めてくださっている方や、卒業生たちが就職した企業の方々に、メッセージをいただきました。第三者から見た、“M.I.C”と“学生”たちについて、どのように感じられたのかご紹介します。
|
|
|
アタッシェ・ドゥ・プレスがデザイナーを育てる
ogino
アンテプリマ
クリエイティブ・ディレクター
荻野 いづみ 氏
■ プロフィール
クリエイティブ・ディレクターとして、1993 年に「アンテプリマ」を設立。95 年からは活動拠点をイタリア・ミラノに移し、98 年に日本人女性として初のミラノコレクションに参加。現在、世界に約100店舗を展開している。
A.d.Pは、トレーニングの難しい仕事ですが、パブリック・リレーションズだけではなく、PRアドバタイジングもできるA.d.Pの育成を目指すエファップ・ジャポンの主旨には、開校当初から賛同しています。卒業生を採用したことがありますが、厳しいトレーニングを受けてきただけあって、簡単な仕事ではないことを理解していたため、気配りや人間関係の構築が上手でした。素養だけでなく、常識を持っていることもA.d.Pにとって大切な要素ですね。クリエイティブ・ディレクターの仕事はオーケストラの指揮者のようなものです。1つのコレクションを完成させるために、それぞれの分野に精通している優秀なブレーンたちをまとめていきます。そんな中でA.d.Pは、デザイナーの最も近くでコレクションの内容を熟知し、哲学的な考えも全て理解し、イメージ統一のコントロールを行うと同時に、“アンテナ”的な存在として必要な情報をデザイナーにフィードバックする重要な役割を担っています。24時間仕事をしているようなものですから、好きで楽しむ気持ちがなければ続かない仕事ですね。「アタッシェ・ドゥ・プレスがデザイナーを育てる。」私はそう思っています。
|
|
|
大きなポテンシャルと高い可能性が採用の決め手に
horie
元・スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
マーケティング統括 オフィサー
堀江 裕美 氏
■ プロフィール
2005年3月に、スターバックス コーヒー ジャパン(株)に入社。現在はマーケティング統括オフィサーとして、商品&マーケティング、広報を統括する部署をリードする。
スターバックスは単なる商品ではなく、コーヒーを中心に経験を提供するブランド。メディアを通して、ブランドを魅力的に消費者に伝えることが、マーケティング統括の主な仕事ですが、マーケティングには一つの正解がないため、作り出されるまでの過程で迷いがでやすいもの。そんな時に最初の目的に立ち戻り、消費者目線で物事を考えられるかが重要です。エファップの学生だった頃、西垣さんには、最初の目的に立ち戻れる素直さや、物事に縛られない自由な発想など、マーケター/コミュニケーターとしての大きなポテンシャルを感じていました。経験者の採用という選択もありましたが、そんな資質により高い可能性を感じて採用を決めました。優秀なコミュニケーターやマーケターに何よりも大切な要素は、子供の頃に両親に教わるような基本を積み重ねることだと思っています。約束を守る、他人を尊重する、嘘をつかない、悪口を言わない、といったこと。そして、どんな時でも素直に起点に戻れるという勇気も、マーケターとしての基本的な姿勢のひとつだと思います。
|
|
|
“この会社が好き” という強い思いを持った学生だから
sawada
株式会社リヴァンプ
取締役会長
澤田 貴司 氏
■ プロフィール
97年ファーストリテイリングに入社。翌年、取締役副社長に就任しユニクロの急成長に貢献する。05年リヴァンプを設立。「企業を芯から元気にする」をキーワードにロッテリアの再健やクリスピー・クリーム・ドーナツの日本展開などを手がける。現在に至る。
採用のポイントは「本心から会社を好きになれるかどうか」ですね。単なるキャリアパスとして企業に入社するのではなく、このブランドが、この会社が好きだからという強い思いを持てるかどうかはとても重要なことです。エファップからは弊社で抱えている企業にインターンや卒業生を何人も受け入れてきました。コールドストーンに就職した山崎さんもこの会社に出会えて良かったと頑張っています。いかにこういう人を増やせられるかも僕の重要な仕事のひとつですね。今の僕がリヴァンプにいるのは決して最初から計算していたわけではありません。ただ目の前のことを一生懸命にやってきた結果だと思っています。途中で投げ出さずに「これ以上はできない」と思うまでがむしゃらに続けていると、次に何をするべきかが見えてきますし、周りの人はちゃんと見ていて応援してくれるものです。人それぞれ価値観は違いますが、自分に対する納得感を持てることが幸せに繋がると感じますね。
|
|
|
インターンシップで応用力を身につけて
tokuoka
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
CCW ユニット プレジデント
徳岡 晃一郎 氏
■ プロフィール
東京大学教養学部卒、オックスフォード大学経営学修士。人事/コミュニケーションコンサルタント。日産自動車人事部を経て、世界最大の戦略コミュニケーション・コンサルティング会社、フライシュマン・ヒラード・ジャパンで現職に。多摩大学大学院教授を兼務。人事・組織改革についてビジネス誌に多数投稿。著著に「人事異動」(新潮社)「MBB『思い』のマネジメント」(野中郁次郎、一條和生教授との共著、東洋経済新報社)など多数。
弊社では積極的にインターンを受け入れています。体験して良さを知ってもらう良い機会ですし、幅広い経験が必要な仕事ですので他社を経験して戻ってくれば良いというオープンな考え方を持っています。弊社のようなPRコンサルティング会社では、クライアントの立場に立ってアドバイスできる力が必要になりますから、物事を体系的に捉えられるかが重要です。卒業生の白石くんは一定の勉強を通して「どうしてこうなるのか」という思考の訓練がなされていましたので、学校で学んだ理論と知識をインターンシップで実務的に深めて応用力を身につけていきました。これからは問題意識を持って社会や世間の動向をキャッチできる、情報力を磨ける人材が求められます。新しいことに挑戦しよう、社員をダイナミックに育てようと考えているイノベーティブな会社にもっとインターンが受け入れられていくのではと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>